【ラフに生きよう】固定概念にとらわれすぎると生きづらい話

どうもたろけんです。

先日こんなツイートしました。

正直、生きづらいですよね。

「当たり前」だとか「常識的に」とかって。

たしかに大事かもですが
自分らしさとかある程度の自由・気楽さも大事ですよね。

今回は、「固定観念にとらわれすぎるのは良くない」
テーマで書いていきます。

固定概念に強いとどうなるか

自分の選択肢を消している

固定概念があることで、「自分には無理だ」「こんなのできない」
みたいに決めつけたら何もできません。

選択肢を狭めてるだけ。

首を自分でしめてるだけですよ…

視野が狭くなる

ようするに、広ーく見えなくなってしまうんです。

一部分しかみえないような、、、

固定概念で「あれは当たり前」と決めつけてしまうと
その先が見通せないですよね。

成長できない

これは単純に思考しなくなってしまうからです。

「〜は絶対」「〜は当たり前」と決めつけたら
そこで終了。

しかし、そこから考える事ができれば
成長に繋がると思いませんか??

固定概念から脱出する方法

常識を疑ってみる

まずは、常識をとにかくなんでも疑ってみましょう。

「そんなことして意味ある?」
と聞こえてきそうですが、疑うからこそ気づくことができます。

そもそも、それって間違ってない?

という事が、意外に多い。

しかし、多くの人は当たり前になりすぎて
疑う事をしないので、疑うクセをつけましょう。

疑うことの利点

何がいいかというと、常に感謝できることです。

「ああ、これは当たり前ではないんだな」
と思えることで、幸せを感じられます。

究極、自分が生きていることも当たり前ではないので
感謝できますよね。

固定概念=縛る鎖と考える

縛る鎖です。なぜ、固定概念がそもそもあるのか?

ようは世の中が植え付けているんです。

社会的に都合がいいですからね・・・

「1日3食は当たり前だ」
という固定概念を言う人がいたら言いたいですね。

誰がきめたんですか?と

鎖を断ち切れば、視点が変わる

当たり前を疑わずに過ごしていたら
そりゃ、視点はそのままですよ。

鎖は断ち切ってなんぼだと思っています。

結局個人の自由ですからね、ただ縛られた人間なんてつまらないでしょう。

まとめ

まずは、当たり前を疑うことを
習慣にしてみるのはどうでしょうか。

疑うことはただなので価値ありますよ。

ぜひ、明日から実践してみてください!

健康

Posted by たろけん