チートデイとは? 最適な食事と効果

2020年5月11日

こんにちは、たろけんです。

 

チートデイってご存知でしょうか?

 

軽く知っている方もいるとは思いますが

『大量に食べれば良い』

 

と思っている方も多いのではないでしょうか?

 

今回はチートデイを行う意味と最適な食事について解していこうと思います。

 

・チートデイとは?

louis-hansel-shotsoflouis-Nwo0eNAYYyA-unsplash

そもそもチートデイとはなんなのか?

 

簡単に言うと、

『ダイエット中に停滞してしまった体重をさらに落とす行為』

です。

 

ダイエットで体重を落とすには食事制限と運動が必要です。

 

そして食事制限によって摂取カロリーが少なくなれば最初は

体重が落ちますが、次第に体が慣れて停滞してしまうのです。

 

身体が飢餓状態に陥ったと勘違いして、エネルギー消費をおさえてしまうのです。

 

そこで活用したいのがチートデイです。

 

・チートデイの意味

飢餓状態モードの体にいつもよりハイカロリーな物をいれる事により

体に『飢餓状態ではないよ』と認識させます。

 

騙す(チート)と言う事です。

 

チートデイは一日のみにしましょう。

 

・チートデイの食事

tim-meyer-GZzQAQyxACw-unsplash

”1日だけ何も考えずなんでも食べて良い”

という訳ではありません。

 

目安として1日の総摂取カロリーを

『自分の体重×40〜50Cal』ぐらいにしましょう。

 

あとは普段食べられないもの、好きなものを食べましょう!

 

・チートデイに適した食事

isaac-quesada-7Arsq8cEgw0-unsplash

・寿司

寿司は魚介なのでたんぱく質が豊富です。

そしてシャリは炭水化物ですね。

たんぱく質+炭水化物で最高の組み合わせなんです。

醤油をつけすぎてしまうと塩分を取りすぎてしまうので

減塩醤油にしましょう。

 

・ステーキ

牛肉はたんぱく質が多く含まれています。

チートデイならサーロインなど脂が多い肉も食べて大丈夫です。

 

・和菓子

和菓子は脂質がかなり少ないのがポイント。

炭水化物+糖質を摂取する事で停滞期を抜け出すことができます。

 

・チートデイの注意点

photo-boards-25QCezs8-oo-unsplash

・1日だけ行う

チートデイを行った翌日は今までの食事に戻すことが絶対です。

そのまま食べ続けていたら全く意味がありません。

メリハリをつけて『今日だけ』と自分に言い聞かせましょう。

 

・必ず停滞期に入ってから行う

停滞期に入っていないのにチートデイを行うのはただの増量にすぎません。

体が飢餓状態になって初めてチートデイを行うことができます。

目安としては

  • 1週間ほど体重が落ちない
  • 体脂肪率が25%以下

これが条件です。

 

・チートデイとはいえ脂質には気を付ける

好きな物を食べて良いとはいえ、脂質には注意しましょう。

脂物ばっかりを食べる、スナック菓子を食べる、などは避けましょう。

 

・カロリーをしっかりと摂取する

中途半端に食べても意味がありません。

炭水化物や糖質が不足して停滞しているので

炭水化物と糖質をしっかりとってカロリー摂取量を上げましょう。

 

・まとめ

チートデイのやり方は理解できましたか?
チートデイにはメンタルの面でも減量のモチベーションを高める効果があります。

 

『チートデイがあるからこそ食事制限やトレーニングを頑張れる。』

 

そんな活力になるのがチートデイです。チートデイをうまく使い、減量期を乗り越えていきましょう!

 

 

 

 

 

 

健康

Posted by たろけん