【料理が下手な人は見ろ】圧倒的に料理がうまくなる8つの方法

どうも、たろけんです。

料理ってむずかしいと思われがちですよね。

女性
女性
自炊するけど、どうも美味しくできない・・

安心してください、
料理はだれでも上手くできます。

先日こんなツイートをしました↓

料理人を10年やった僕が
解説します!

ではサクッといきますね。

料理がうまくなる8つの方法

下味をしっかりすべし

もう、超超重要ですね。

特に肉と魚料理に関しては
下味で決まってしまうくらいです。
(そのものに塩分がないため)

基本的に塩、コショウですが
場合によっては砂糖も使います。

塩の目安は500gに対して5gほど。

コショウは適量で大丈夫です。

出汁を利用すべし

出汁と言っても和風のカツオだしとかだけじゃなくて
コンソメみたいな洋風だしもそうです。

あるかないかで全然違います。

入れる目的としては風味とかコクなので
塩分が足りないからといって入れすぎは厳禁。

洋風だからコンソメという感じではなく
何でも利用できるのが出汁。

シチューやカレーに昆布だしいれると
めちゃうまいんですよ。

便利だしの注文は↓

鰹節・ふりかけ・出汁 専門の削り節メーカー

味のバランスを意識すべし

ちょっと難しいかもしれませんが
ようするに美味しい料理ってバランスが神なんですよね。

塩分、甘み、旨味、油分、、、

それらのバランスが整ってはじめて美味しい。

そこを意識しながらつくると
かなり美味しくなります。

食材の適切な切り方をマスターすべし

これも奥が深いのですが
数がめちゃくちゃ多いので
こちらのサイトをチェックしてみてください↓

キッコーマンHP

味見は2回までにするべし

絶対に2回まで!じゃなく、2回で決めるつもりでという事。

ぶっちゃけ何回も味見すると舌がバカになってくるんで
ぱぱっと決めないと美味しくならないんですよね。

お酒類は利用すべし

ここでいうお酒とは調理酒のこと。

和食→日本酒
中華→紹興酒
洋食→ワイン

お酒って、「甘み、旨味、コク、まろみ」
すべてもってる最強アイテム。

どのジャンルの料理でも”酒蒸し”って
あるくらいですからそれほど重要です。

適度な甘みを出すべし

ようは旨味成分=甘みなので
けっこうなんでも砂糖を気持ち入れてあげると
味に深みが出ますよ。

よりコクを出したければ三温糖を使うのがgood。

結局愛情が一番大事

一番はこれかなと。

とにかく「おいしくなれ」と祈って作ること。

僕が料理人として教わったことでもありますし、
人の料理って美味しいじゃないですか。

あれって人のために作ってるから美味しいんですよね〜

自分に作っても、まあ美味しいくらいで感動なしです。

まとめ

すこしの工夫で美味しくなるのが料理です。

しかも、誰でもできるようになりますから。

すぐに実践してみてくださいね。

<関連記事>

Posted by たろけん