【ジム完全初心者用】マシンの使い方や服装、おすすめのジムまで徹底解説

2020年6月21日

どうも、たろけんです。

緊急事態宣言が解除され
スポーツジムも解禁になりました。

まだ完全に安全とはいえないものの
新しく通いたいと思っている方も多いでしょう。

困る人
困る人
ジムに通ってみたい気持ちはあるけど、初心者で大丈夫?
マシンの使い方も分からないし・・インストラクターに教えてもらった方がいい?

ジムもいっぱいありすぎて、結局どこがいいの〜

こんな悩みを解決していきます。

※完全初心者用です

本記事の内容・初心者向け ジムの選び方

・トレーニングに必要な物・心得

・マシンの使い方

・インストラクター・パーソナルトレーニングについて 

初心者でも心配する必要ないですよ、
ジムは誰でもウェルカムです!

あなたの素晴らしい1歩をサポートします。

絶対に間違えないジムの選び方

おそらく悩むのは一番初めに悩むのは
ジム選びでしょう。

検討すべき項目をあげると

・値段

・場所

・マシンの種類

・レベル

・使いやすさ

このあたりを考慮して決めていくのが
無難かと思います。

そのなかで初心者に
オススメなジムを紹介します。

結論、初心者は間違いなく24時間ジムをオススメします。
(詳しくは下記で説明)

エニタイムフィットネス

特徴・日本国内、海外合わせて4500店舗以上

・入会すればどこでも自由に利用可能
(センサーキーをタッチするだけ)

・内装がお洒落、無駄な作りがない

・マシン、フリーウェイとも充実

・値段は大体6000円~8000円くらい
(場所による)

・鍵のかかるロッカーはない
(有料で個人ロッカーあり)

24時間ジムといえば”エニタイム”を
思い浮かべる人が多いですよね。

なぜなら純粋に店舗が多いからです!

47都道府県に出店達成したみたいで
今後は1駅に1店舗の勢いで増えそう。
(スタッフさんが言ってました)

どこの店舗でも利用できるのがメリットですね。

初心者ですと、場所が遠いとか時間がないって
挫折しちゃう原因なので
エニタイムだったらあまりそういうことはないので安心です

フリーウェイト(ダンベルとか)やマシンも充実しており
今は初心者だけど、上達したら本気で鍛えたい!!

って方にもオススメです♪

FASTGYM

特徴・大手ティップネスが経営

・料金が安い

・マシンの利用者は少ない

・ウェイトマシンより有酸素向け

・カードキーで入退室

・鍵付きの無料ロッカーあり

・エニタイムに比べて利用者は少なめ

価格が少し安めなのは嬉しいですね。
(契約店舗のみ利用の場合)

全体的に初心者が多い印象です。

ウェイトマシンは一通りありますが
エニタイムよりは充実してない印象ですね。

店舗はそこまで多くないので
家の近くにあるとかだったら検討していいかもです。

トレーニングに必要な物

トレーニングウェア・シューズ

ぶっちゃけ動きやすいものならOK。

無難にTシャツ、下はジャージ(ロングorハーフ)
で大丈夫です。

シューズは土足でOKなので
スニーカーで大丈夫です。

ランニング用とか買わなくてOKですよ。

小物系

「タオル、水、イヤホン」

があれば大丈夫ですね。

イヤホンは周りの音がけっこう気になるので
オススメです(ワイヤレス推奨)

プロテイン

初心者であろうと
プロテインは飲んだ方がいいです。

別記事で詳しく解説してますので
チェックしてみてください。

トレーニングマシンの使い方

初心者の人にとって初めてのマシンって
なんか緊張しますよね・・
(みんな通る道です)

せっかくジムにきたからには
マシンにどんどん触ってみましょう!

まず、YouTubeで動きをみておくと
「あ、こんな感じで使うんだ」
とわかるので使いやすくなります。

肩のマシン

王道な肩のマシンですね、どこでもあります。

しっかりチェックしておきましょう。

胸のマシン

胸は意外と難しいです。

変なフォームやると筋肉痛が変なところにくるので
しっかり形を意識して行いましょう。

 背中

ラッドプルダウンです。

どこにでもありますが、初心者が一番難しいマシンかも。

よくチェックしてください!

比較的簡単ですが、より足にきかせるために
フォームを意識しましょう。

パーソナルトレーニングについて

持論ですが、初心者の人はパーソナルトレーニング、インストラクターはオススメしません。

もちろん利用するに越したことはないんですが、
利用するなら若干慣れてきた頃に使うといいです。

ぶっちゃけお金もかかりますし、
それよりは自分でマシンの使い方を覚えて行う。

そっちのほうが良いと思います。

まとめ

どれだけトレーニングをしている人でも
はじめは初心者だったんです。

なので、どんどん恥ずかしがらずにマシンを使っていきましょう。

コツコツとトレーニングしていれば
必ず成果がでます。

「筋肉を付けたい、痩せたい」
みんなのジムです。

さあ、トレーニングしましょう!