《禁煙成功体験》タバコを自力でやめる方法

2020年5月11日

こんにちは、たろけんです。

タバコをやめたいけど何回も失敗してる・・

こう悩んでいる方、多いんではないでしょうか?

しかし大丈夫です。

この記事を全て読めばやめることができますよ。

なぜなら僕は過去にヘビースモーカーでしたが
現在は禁煙に成功しているからです!

 

18〜25才まで喫煙者で
特に飲食業ということもあり
周りがほぼ喫煙者で
自然にヘビースモーカーになってしまったのです。

しかし禁煙した今では煙も匂いも受け付けません。

今回のポイントは

  • タバコをやめるコツ
  • 禁煙を持続させるコツ
  • 便利な禁煙ツール

この記事を読めば
あなたも自力で禁煙できるでしょう。

タバコをやめるコツ

習慣に気を付ける

なぜ習慣に気を付けるのか?

なぜならタバコを吸う事が習慣化し
その習慣がやめられない

という事なんです。

習慣をやめる事ができなければ
タバコをやめることは出来ないんです。

身体に習慣が染み付いてしまっていますからね・・

習慣を変える方法は次の項目で↓

習慣を別の何かに置き換える

習慣を変えるには
習慣を別の動作に置き換えること
が一番重要になってきます。

たとえば

  • 朝起きての1本→すぐにうがい+マウスウォッシュ
  • 食後の1本→すぐ歯磨き
  • 暇で吸いたい時→ガム噛む、水を飲むなど
  • イライラしたとき→深呼吸し、メモに感情を書き出してみる
  • 寝る前の1本→なにか寝る前に必ず飲むものを決めておく(ホットミルクとか)

こんな感じで自分は実行していました。

どれも単純なことですが
習慣が変わらない限り
すぐに挫折してしまうんです。

環境を排除する

習慣と同様に大事なのが環境を避ける・排除する事。

なぜなら吸いたい状況や環境に自分を置かないためです。

具体的には

  • タバコ、ライターなど喫煙に関するものは全てすぐに捨てる
  • タバコが買えるような場所を避ける(コンビニ、パチンコ屋など)
  • 喫煙者に近づかない(親近者に喫煙者がいる場合は近くで吸わないようお願いする)
  • 周りに禁煙すると公言する
  • タバコの匂いがついた服は全て洗濯する
  • なるべく飲みにいかない

このように徹底的にやりましょう。
中途半端な行動では絶対に禁煙できません。

1本くらいなら・・に気を付ける

禁煙に少し慣れてきた頃にやってくる
『1本くらい吸っても大丈夫でしょ、やめれるでしょ・・』
という気持ちに気をつけましょう。

これを乗り越えないかぎり
禁煙はできません。

もしこの気持ちになったら、

  • すぐに別の行動をする
  • ここまでの努力が全てナシになると考える
  • タバコのメリットはないと考える
  • 命の危険がある事を考える

このようにまず冷静に考え
正気を取り戻しましょう。

『1本だけ・・』という気持ちは
そう長く続かないので、気をそらせば勝ちです。

甘い考えは捨てる

  • 少しづつ本数を減らしていこう
  • まずはタールを低くしてみよう
  • 電子タバコに変えてみよう

このような甘い考えはすぐに捨ててください。

なぜならタバコをやめることは
そんなに甘くないからです。

身体からニコチンを取り除くには
キッパリ断つしかないんです。

以下の画像をみてください。

引用;健康保険組合

このように根本であるタバコを吸う行為をやめない限り、
悪循環のループは永遠に終わりません。

根本から根絶していきましょう。

禁煙に便利なツール

 

森下仁丹 鼻・のど甜茶飴 

禁煙用ではありませんが、強いメントール感が特徴で
吸いたい気持ちを抑えてくれます。

味も美味しいですし、喉に優しいのでオススメです。

アプリ 禁煙ウォッチ

コレを使って僕はたばこをやめることに成功しました

タバコをどのくらいやめられているか、
その分どのくらいお金が浮いているか

が数字で見れるのが嬉しいんですよね。

モチベーションの向上にもなるので
必ずダウンロードしましょう!

禁煙ウォッチ - 禁煙時間が一目でわかる!禁煙アプリの決定版!

禁煙ウォッチ – 禁煙時間が一目でわかる!禁煙アプリの決定版!

Isao Miyagawa無料posted withアプリーチ

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

どれだけヘビースモーカーでも
意思と行動力さえできれば
必ずやめる事ができます。

この記事で書いてある事を全て実行してください。

おさらいすると、禁煙で大切なのは

  • 習慣を変える
  • 環境を排除する
  • 甘くみない

これさえ徹底すれば
必ずタバコをやめる事ができます!

まず行動し、実践んしていきましょう。

□この記事もおすすめ!

健康

Posted by たろけん