【業界10年が語る】飲食店の社員は本当に地獄なのか?

どうもたろけんです。

僕は10年近く飲食業界で働いてきました。

経験からお伝えするとブラックな業界だと思います。

というよりそうなってしまう、仕方がない
と言ったほうがよいかもしれません。

本記事の内容・飲食店の社員がブラック化してしまう理由

・マインドセット

・飲食店の社員が今後やるべきこと

悩む人
悩む人
労働時間も長いしキツイし、、、
この先どーすればいーのー!?

大丈夫です、しっかりと解説していきます。

なんせ僕が変えられたんですから!

それではサクッといきましょう。

僕の飲食店時代の1日

すみません、まず飲食店時代どのような1日を
おくっていたかをお話させてください。

想像しやすくなると思います。
(興味ないかたはスルーで)

・9時 起床

・10時 出社

・10時〜11時 営業の準備

・11時〜15時 ランチ営業(激混み)

・15時〜16時 ランチ片付け、仕込み

・16時〜16時50分 休憩(電話対応あり)

・17時〜23時 ディナー営業

・23時〜24時 片付け、閉店作業

・24時 退社

こんな感じです。

これを週1休みです。
(たまに週2休める)

飲食店で働いているかたは
「あ〜そんな感じ」
ってわかると思います。

ですが一般の人からすると、
「え、うそでしょ?!」
とツッコミたくなるかもしれません。

マジです(笑)

残業代はなし。

ちなみに当時僕はこのスケジュールで
仕事終わってクラブや飲みに行ってました
(もはや鉄人レベルですね)

このようになってしまう理由をこれから解説していきます。

飲食店の社員がブラック化してしまう理由

ビジネスモデルの問題

ようは、長時間営業していないと
利益を出せないというビジネス根本の問題です。

営業時間を短くすれば労働時間も減りますし、
休憩時間も増える。

しかしお客さんは来ない。

すると
「売り上げは上がらない=店は存続できない」

となってしまいます。

店舗をかまえている以上、
店を開けておくことは当然なので
自然と長時間労働になってしまうんです。

ただ、テイクアウト専門店などは
休憩を多く取れるなど利点はあるかも。
(ただ拘束時間は変わらない)

人材不足の加速で社員にしわ寄せがくる

どこの飲食店も社員だけのお店はほぼありません。

アルバイトがいますよね?

むしろアルバイトに支えられているくらいの勢いで
数が多いんです。

当然、社員に比べて欠勤もすぐ出ますし、
辞める人も多いです。
(それがアルバイトの特権ですから)

そうなると社員にすべて負担がかかります。

さらには社員が辞めるとなるともう、死亡です。。

忙しさが尋常じゃなくて精神まですり減っていきます。

お客さんの飲食店離れによる売り上げ低迷

どんどんお客さんの飲食店離れが深刻化しています。

ぶっちゃけ家で食べた方が安いですし
店で食べるメリットってあまりないことに気づいたんでしょう。

さらにコロナウィルスの影響で大打撃・・・

売り上げが下がるとどうなるでしょう?

一番削るべき経費はどこでしょう?

そう、人件費です。

人件費がコントロールしやすく、一番比重が大きい。

だからアルバイトを削ります、
そうすると社員がキツくなる・・そういう構図です。

フロアを社員1人で回す、なんてこともザラですね・・

老害上司が多い

いきなりディスって申し訳ないのですが
事実です。

ここで言う老害上司とは

「昔はこんなんじゃ通用しなかったぞ」

「気合で乗り切れ、頑張れ」

「いまの若い奴は〜」

「休むとかありえない」

みたいな根性論を
ぶちこんでくる人たちです。

飲食業界って結局そこにずーっといる人が多いので
頭が硬くなっちゃうと思うんです。

なのでそんな環境にずっといると
自分まで思考停止してくるので
注意が必要です。

飲食店で働く人のマインドセット

悩む人
悩む人
そんなこと言われたって、どうすることもできないし・・
飲食業しかやったことないのに
なにを考えろっていうの??

ここでは考え方「マインドセット」についてお話します。

これがかなり重要で
長時間労働を続けていると思考力は失われ
どんどん思考停止状態になります。
(僕もそうでした)

これはあなたが悪いわけではなく
業界の問題です。

まず考え方から見直してみましょう。

自分には行動力があると信じる

結局、飲食業の人って行動力ありますよ。

だって誰よりも汗水たらして働いてるんですから。

じゃあなぜ長時間労働から抜け出せないのか?

「自分を信じていないからです」

・自分には時間がない

・スキルもない

・飲食しかやったことないのに他のことなんてむり

・リスクは犯したくない

・結局現状が楽

全て甘えです。自分を信じていません。

「結局自分は・・」
と心のどこかでおもっているはず。

過去の自分に言えますが
まず自分を信じてみてください。

そこから始まります。

年齢は関係ない

自分はもう〜才だからムリとか
まったく問題ないです。

実際、僕は30才で異業種に転職しています。

人生的にみたら1/3程度しか生きてないですからね。

何歳からでもチャレンジできますよ。

まわりに流されない・同調しない

飲食業界って同調圧力強いですよね。

飲み会強制とか、残業当たり前とか・・

まったく意味ないです。
自分の芯を持ちましょう。

究極、自分が嫌な事は
嫌われてもいい覚悟で断ってください。

「どーしてもムリ、断ることができない 」

って人はこれ読めば確実に断れます。
(考え方がコロッと変わります)

嘘だと思うなら、一度読んでみてください。

飲食店社員が今後やるべき・考えるべきこと

その仕事が好きなのか、本当にやりたいのかを考える

長時間労働をしていると
こんなこと考えるヒマないですよね。

「今の仕事でいっぱいいっぱい」

ですが1度時間をとって考えてみて欲しいんです。

  • この先ずっと飲食でやるのか?
  • 本当に仕事がすきなのか?
  • ほんとうに飲食業がやりたいことなのか?
  • 長時間労働しても愚痴を言わず耐えられるのか?

自分に問いかけてみてください。

愚痴をいいながら、自分に嘘をつきながら
生きていくのってマジでストレスでしかないんです。

いつか体調壊すレベルで危険なこと。

冷静になって、自分の精神状況も考えてみてください。

どちらにしろ転職したほうがいい

ぶっちゃけ、ここまで読んでくれているあなたは
現状に不安、不満でかなり迷っている。

そうなったらもう現状維持はキツイんじゃないでしょうか。

結局なにもしなかったら今までと変わらずに
時間が過ぎるだけ・・

過去の自分もそうでした。

ただ、一つの行動で変わることがいっぱいあります。

「転職すること」

じゃあ転職するなら具体的に何をすればいい?

まず、転職エージェントに登録しましょう。

ざっくり言うと
「転職活動を何から何までサポートしてくれる
スーパー担当者が自分に1人つくサービス」

と思ってください!

ぶっちゃけ、
何も分からず登録しても転職成功できるくらいパワーがあります(笑)

ただ自分の希望、環境などは必ずしっかり伝えること。
担当者としっかりコミュニケーションをとること。

これができればOKです。

大手のエージェントなら・・
・違う飲食企業に転職する
・異業種に転職する
・成長中のベンチャー企業に転職する

いろいろな幅が広がるので
登録しておいて間違いないです。

利用すべき転職エージェント

リクナビNEXT

これはエージェントではなく、転職サイトです。
一番有名なので求人情報を見るだけに活用します。

もし良い求人があったらエージェント担当者に
「この求人ありますか?」と聞けば紹介してくれます。

リクルートエージェント

Type転職エージェント

マイナビエージェント

この3つは大手なので、どれか登録しておけば大丈夫です。
(個人的には2つ登録して、ガンガン応募してました)

 【まとめ】現状を考察すべし

現状をよーく考え、行動しましょう。

いますぐに動き出せ!

ではなく、しっかり考えることが大事です。

忙しい中時間をとるのは大変ですが
30分ほどでも良いです。

チャレンジしてみてください。

<関連記事>