転職は当たり前の時代!転職するメリットと転職を成功させるコツ

2020年6月13日

困る人
困る人
転職って当たり前なの?
三年勤めろとか良くいうけど・・

終身雇用の崩壊と共に、
転職が当たり前という風潮が出てきています。

じゃあ簡単に転職できるんじゃないの?

そんな風に容易に考えていると必ず失敗します。

なぜなら転職人口は年々多くなり、
競争率が高くなっているからです。

しかしそれでも転職するメリットはあります。

この記事では

  • 転職のメリット
  • データで見る転職者の数字
  • 転職を成功させるコツ

この内容を解説していきます!

転職に悩む人の参考になればと思います。

正直、転職=ネガティブなイメージでしたが、
転職エージェントのおかげで転職に前向きになりました!
内定も2ヶ月で6社もらえて、とても嬉しいです。(20代/男性/飲食店勤務)

↓転職成功者に人気の転職エージェントは?↓

リクルートエージェントで無料相談

転職をするメリット

年収が増える可能性がある

全ての人がそうなるという訳ではありませんが、
スキルや交渉次第で年収が上がる可能性は高いです。

特に今まで転職せずに同じ会社にいた場合、
昇給がほとんど無かったという方もいるでしょう。

その場合は転職する事で
飛躍的に年収をあげることが可能です。

新しいキャリアが作れる

同じ会社に長くいると、
やはりスキルやキャリアの幅は広がりません。

さらに現在の職業より適正な職がある場合もあります。

転職で職種、業種を変えることで、
新しい道が開けるんです

あえて道を変え、新しいキャリアを作るのです。

新しい環境、人間関係が作れる

現在の職場で、
尊敬や信頼ができる人が上司ならいいですが
嫌な上司がいる方、多いんじゃないですか?

さらに同期、後輩・・・

人間関係でギクシャクするパターンが多いです。

そんな時は転職でリセットすることも効果的。

新しい環境、人間関係はもちろん不安ですが、
1から作り直せるので、オススメです。

行動力がつく・視野が広がる

転職には行動力が必要です。

なぜなら人間は現状維持が最もラクで
行動力がなければ行動に移すことさえできないからです。

しかし思い切って転職をしてみると・・

『自分は行動できるんだ!』

『やればできるんだ!』

自信が生まれ、さらに視野が広がります。

データで見る転職者の数値

疑問
疑問
実際、どのくらいの人が転職してるのかな??

年別、年齢別の転職者数推移


引用;総務省統計局

こちらのデータを見ると
2019年の転職者数が過去最高です。

転職に対するイメージ

次の図は転職に対するイメージを図にしたものです。

引用:パーソナルキャリア

ポジティブなイメージが一番多いのは20代。

年齢が上がっていくごとに
ポジティブなイメージは低くなっています。

公務員の転職サイト登録数


引用:エンジャパン

生涯安定と言われた公務員でさえ
転職が当たり前になりつつあります。

これは安定や給与だけではなく
『仕事のやりがい』を求めているからだと思います。

 

これらのデータを総合的に見ると
転職人口はどんどん増えていっていることが分かります。

転職経験が少ない20代は積極的な傾向がありますが
30〜40代でも転職率は増加しています。

これから益々転職人口は増加するでしょう。

海外では転職回数が多いほど評価が高い

日本でいうと
転職回数が多い=マイナス評価に捉えられがちだが、
海外ではでは転職回数が多いほど評価が高いそうです。

参照:なぜ欧米では転職が多いほど高評価なのか

もっと早く転職すればよかった!
年収も100万円アップして、職種も変わった!
全てエージェントがサポートしてくれて、感謝しかありません!(30代/男性/Web関係)

↓転職成功者に人気の転職エージェントは?↓
→リクルートエージェントで相談する

転職人口が増える背景は終身雇用と年功序列の崩壊

参照:ANN

 

トヨタ社長や経団連会長が「終身雇用は難しい」
と発言したことが波紋を呼びました。

これも転職者が増加している理由の1つでしょう。

また、一つの会社に長く勤める事自体が難しく
ライフワークバランスを重視する人が多くなったのも
要因でしょう。

転職が当たり前になりつつある時代で
いかに納得のいく転職活動ができるか
が重要です!

転職を成功させる5つのコツ

より多くの職種、企業をリサーチして妥協しない

当たり前ですが、転職は妥協してはいけません。
なぜならあなたの人生がかかっているからです。

特に職種、企業選びはじっくり悩むべきです。
ここで妥協したり適当にやってしまうと
あとで後悔することになるので
しっかりとリサーチを行いましょう。

譲れない条件を決める

代表的な条件は

  • 年収
  • 待遇
  • 勤務地
  • 職場環境

この4つですね。

高望みしすぎるのは問題ですが、
譲れない条件が定まってないと
『まあ、これでいいか』
と妥協しかねません。

たとえば、
『年収〇〇以下になるなら転職はしない』
など明確な基準を持ちましょう。

基準を持つ事で
”後悔する転職”を避けることができます。

なるべくスピーディーに行う

転職活動はなるべくスピーディーに行う事で
いい結果がでると言われています。

なぜならモチベーションを落とさずに
スケジュールを組むことができ、
テンポよく転職活動を進めることができるからです。

長引いてしまうと、体力・精神共に疲れてきたり
モチベーションの低下につながります。

転職においては”速さ”を意識しましょう。

在職中に転職活動を行う

『退職してからのほうが動きやすいし
面接などの予定も組みやすい』

と思って退職してしまうのは
よくありません。

なぜなら、
なかなか転職先が決まらなかった時の
精神的リスクがあるからです。

在職していれば
もし決まらなくても焦らず行うことができますね。

逆に『早く決めなきゃ』
と焦ってしまうと力を発揮できず
いつまでも決まらないという悪循環に
おちいってしまう可能性があります。

必ず在職中に行いましょう!

複数の転職ツールを使う

もし自分で転職サイトから応募して・・
とやっている人は効率が悪いです。

転職エージェントを活用する事で
効率よく動くことができます。

なぜなら面接日程調整、履歴書添削など
面倒なことは全て担当者がやってくれるから。

その間に企業リサーチをしたり、
面接対策をしたり、
他に力を注ぐことができるので
当然成功率も上がります。

個人的なオススメは
転職エージェント×転職サイトの二刀流
求人を網羅できますよ。

 ↓こちらを使いました↓
リクルートエージェント×リクナビNEXT

成功に欠かせない転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントで無料相談

ポイント1:転職成功実績ナンバー1
累計32万人の転職成功実績があり、年間2万3,000名以上の転職支援を行っています

ポイント2:非公開求人が豊富
世に出回っていない非公開求人を多数保有

ポイント3:土日祝日でも相談可能
忙しい人でも全力でサポートしてくれます

type転職エージェント

type転職エージェントで無料登録

ポイント1:幅広い求人
大手企業からベンチャー企業まで対応

ポイント2:給与交渉もお任せ
直接交渉しづらい給与交渉も担当者が交渉してくれ
年収を最大限に上げることができます

マイナビエージェント

マイナビエージェントで無料登録

ポイント1:あなたに合わせた求人
あなたのスキル、強みに合わせた最適な求人紹介

ポイント2:各業界のスペシャリストが担当
各業界出身の担当者がしっかりサポート

まとめ:転職を成功させて人生を豊かに!

転職を成功させるためには、
スピーディーかつ効率良く進めていくことが大事です。

そのなかで
『希望の求人が見つからない』
『書類選考が通らない・面接に落ちる』

という方のほとんどは
転職活動の方法が間違っています。

転職エージェントを賢く活用しつつ
自分で切り開いていけば
必ずうまくいきます。

この記事の内容を参考にして
納得のいく転職活動にしましょう!