日本人はストレスに弱い?その理由とストレスに強くなる方法

2020年6月6日

こんにちは、たろうです。

みなさんストレス溜まってますか?

 

職場のストレス、家庭のストレス、日常でのストレス、、、

あらゆるストレスが日々ふりかかっていますね。

 

僕は前に接客業をやっていて外国人の方と毎日接していたですが、

いつも来る外国人の人たちは、ストレスフリーで

『毎日を楽しんで生きている』

という印象が強く記憶に残っています。

 

最初は文化の違いなのか?

 

と思っていたのですが、毎日接しているうちに分かってきた事があります。

それは「生きている事に喜びを感じ、何事も楽しんでいるという事」

 

外国人たちのそのような生き方でストレスに強くなるのではないか?

と考えるようになりました。

自分は元々ストレスに弱い方ではなかったのですが、この出来事がきっかけで

みずから考えるようになり、よりストレスに強くなれました。

 

そんな方法を教えます。

 

・ストレスに強くなる方法

①生きているだけで幸せと感じる

究極な話、死んでしまったら何もできませんし、なんの感情もなくなってしまうんです。

存在しなくなってしまうんですから。

辛いこともありますが、楽しい事も同じくらいあります。

生きているだけで幸せなんです。

あなたは1人しかいないんです。

生きているだけで幸せですし、感謝です。

精一杯生きましょう。

 

②何事も楽しむ

「嫌な事なんか楽しめない」

僕も最初はそう思っていました。

ですが、嫌な事について色々な角度から見てみる事が大事なんです。

 

『なぜ自分はそれが嫌なのか?』

『その事を乗り切ることで何が起きるだろうか?』

『いつか自分にとってプラスになるだろうか?』

 

もし1つも自分にプラスになる事がない場合はキッパリと避けるべきだと思います。

 

反対に1つでも自分の為になるメリットがあるなら挑戦するか考えるべきです。

 

そう考える事で嫌な事をやる中でも先が見え、精神的な負担が減り、

楽しむ事ができるからです。

 

③自分らしく生きる

日本人は他国に比べて協調性が極めて高いと言われています。

もちろん日本人の長所でもありますが、

「人に流されてしまう、自分を持っていない」

という人も多いのではないでしょうか。

まず自分という存在を受け入れ、

自分の意思と意見を尊重しましょう。

そして表現しましょう。

「日本人は表現力がない」と外国人から思われているのはこういう所かもしれません。

 

④物の考え方、捉え方を変えてみる

ストレスに弱い人は物の考え方や捉え方がいつも同じです。

ストレスは受け入れ方次第で良いストレスか悪いストレスか決まってしまいます。

そこで、いつもと見方を変えてみましょう。

たとえばあなたが大失敗したとします。

いつもなら「自分はなんて事ことをしてしまったんだ、、自分はやっぱりできないんだ、、」

と考える所を

「失敗してしまったけど、この失敗を活かして改善すれば1つ成長できるかもしれない。頑張ってみよう」

と考えるだけです。

これだけで良いストレスになりポジティブになれるのです。

 

⑤規則正しい生活を心がける

忘れがちですが、不規則な生活では自律神経やホルモンバランスが崩れやすくなります。

そしてメンタルが不安定になり、ストレスに弱くなってしまうのです。

規則正しい生活を送るには

主に食事、睡眠、栄養、運動などのバランスが大きく影響していますが、

中でも睡眠は1日の中で時間の割合が多いので最重要だと思っています。

睡眠については過去の記事で書いているのでチェックして欲しいです↓↓

睡眠が大事な理由と熟睡する7つの方法

 

もしこの記事を読んで実践しても寝れない・・・という方にはこれ↓↓

 

・良いストレスは必要

悪いストレスは人間にとって悪影響でしかありませんが、良いストレスは生きる活力になります。

良いプレッシャーとでも言い換えられるでしょうか。

ストレス耐性がついている人は

【外からのストレス⇒良いストレスに変える】

この流れに持っていく事ができます。

意識だけで変えることができるので、誰にでも可能です。

今すぐに実践しましょう!

 

・まとめ

ストレスに強くなる方法、いかがだったでしょうか?

何回も言いますがストレスは

『捉え方次第という事』

捉え方でポジティブになれるのです。

生きていることに感謝し、精一杯いきましょう!