地元の友達がいない、少ない問題 全然気にしなくていい理由

2020年6月6日

どうも、たろけんです。

男性
男性

みんな地元の友達と遊んだりしてるけど、地元に友達いないんだよな・・・

 

実は『地元に友達がいない、少ない!』という方
意外と多いんじゃないでしょうか?

周りの友達が地元の話とかすると
全然話が乗らない・・
みたいな事あるんじゃないでしょうか?(笑)

正直、まったく気にする必要がないと思っています。

地元の友達にこだわる必要がないです。

ただ、あくまで持論なので、
承知の上で読んでいただきたいです。

地元の友達がいない事を悩んでいる方が見て
考え方が変われば良いと思っています!

では、理由を解説していきます。

地元の友達いらない理由

結局同じ話しかしないから

そうなんです。

久々に会ったとしても
結局すぐ昔話(学生時代の話)しかしないんですよね。

これって何回も同じ話をしていると気付いているのに
楽しいから話すんですよね。。。

『会って楽しいから』

と言いますが、
心の埋め合わせをしているようにも思えます・・・

正直時間の無駄だと思います。

合う頻度が減るから

大人になるにつれ、それぞれ家庭ができたり
仕事で地方に行ったりと別々の道を歩むことになります。

そんな中で地元の友達に執着する必要はないんですよね。

周りには同じ目標、同じ職場の仲間がいるはず。

今の人間関係を大事にしましょう!

目の前の人間関係に集中した方がいいから

昔の交友関係が大事なのは分かりますが、
一番大事なのは目の前の人間関係。

恋人、パートナーや仲間。

過去に囚われず、目の前のことに集中しましょう。

環境が変われば求めるものも変わるから

社会に出て、環境が変わると当然求める物も変わります。

久しぶりに地元の友達とあうと、どこかぎこちない・・

それは成長している証拠です。

もし昔のままだったらなにも変わってないと言う事。

全く気を使わずに接する事ができるならそれでもいいでしょうが、
少しでも気を遣うようなら無理にする必要はないと思います。

結論

無理に執着する必要はないという事です。

周りが羨ましく感じる事があるとは思いますが
その分身近な人と時間を過ごせるんです。

『ストレスになるような人間関係はいらない』

これが友人関係には絶対だと思います。

もし地元の友達とストレス一切なしで話せるのだったら
いいでしょう。

しかし、地元の集まりに行かないと嫌われるかな?
みたいな余計な事を気にしてしまうのは明らかにストレスです。

自分から切っちゃいましょう。