人に頼ったほうがいい話

2020年7月10日

どうも、たろけん。

ところで「人に頼るのは良くない」という風潮がありますが
むしろ逆だと思っています。

「人生をうまく生きるコツ」なんです。

その理由をサクッと解説していきたいと思います。

人に頼ったほうがいい理由

いい意味で上手く頼ると楽になる

正直、人に頼らない人生は結構辛いと思います。

なので、思い切って頼ってみましょう。

そうすると自分が楽になり、他のことに手が回るようになります。

人間一人では生きられない

結局人間、1人では生きることができませんよね。

他人に生かされているので
いっそのこと頼りましょう!

自分だけで溜め込むのを避けるため

自分だけでどうにかしようと思っても最初はいいかもしれませんが
後になって絶対に詰まります。

そしてストレスがどんどん溜まって、オーバーして人生辛いとなるので
早めに頼ることを覚えましょう。

うまく人に頼るコツ

人は頼られると嬉しいので「あなたが必要」と伝える

頼られて嫌な人ってあんまりいないですよね。

なので「あなたが必要です」ということを伝えつつ
頼ると、気持ちよく人を頼れますよ。

苦手なことはそれが得意な人に任せるとラク

自分が得意なことはいいですが
無理に苦手なことをやる必要はないですよね。

思い切って苦手なことは、それが「得意な人」に頼んでみてください。

”頼ること=いい事”であると認識する

頼られると言う事は認められると同じ事。

結局人間みんな頼られたいんですよ。

まとめ

いかがでしたか?

1回うまく頼る事を覚えればそのあとは結構すんなりいきます。

ようするに”人生の技”です。

最初は難しいかもしれませんが、ぜひトライしてみてください。

いい意味で”ラク”に生きられること間違いなしです。

<関連記事>