自然音はストレス軽減効果がある?! ストレスから開放されよう

2020年6月1日

ストレスが溜まっている人
ストレスが溜まっている人
最近仕事のストレスがかなり溜まってるな〜

解消する方法はないかな?

こんな悩みを解決します。

現代人の天敵『ストレス』

この悩みを解決する方法こそ
自然です。

人間が古代から寄り添ってきたパワーこそ
ストレスを軽減する効果があります。

この記事の内容

・自然のパワーとは?

・日常生活に自然を取り入れるコツ

それではいきましょう。

自然のパワーとは?

こんな記事があります。

ほんの20分の間、自然とふれ合うだけでストレスを軽減できることが明らかになった。屋外に出て自然と接触することで、ストレスホルモンの「コルチゾール」を大幅に減少させる効果があるという。

科学メディア「フロンティアーズ・イン・サイコロジー」に掲載された論文で、この効果が明らかにされた。ミシガン大学のMaryCarol Hunter博士は、「ストレスホルモンのコルチゾールを減少させるのに最も効果的なのは、自然を感じられる環境下で20~30分間、過ごすことだ」と述べている。

現代人はスマホのスクリーンを見つめながら屋内で過ごす時間を増やしている。今回の研究のポイントは、ストレスが減ったと明確に感じるために、どの程度の時間を自然の中で過ごす必要があるかを突き止めた点だ。

実験では被験者らに週3回以上、屋外で自然を感じる体験をしてもらい、その前後に唾液を採取することでコルチゾールのレベルを比較した。屋外で過ごす時間に関しては、10分間を下限とし、上限は設けなかった。

また、実験中はランニングなどの激しい有酸素運動を行わないことや、SNSやインターネットの閲覧、読書は行わないルールが設けられた。

その結果、コルチゾールが最大限に減ったのが、自然の中で20~30分間座って、あるいは歩きながら過ごした場合であることが分かった。

別の研究では、子供時代に自然の中で過ごした時間の長さが、その後の人生に影響を与えることも判明している。100万人のデンマーク国民を対象に行われた調査で、屋外で自然とふれ合う時間が長かった人ほど、大人になってからの幸福度や健康度が高いことが分かった。

引用:Forbes Japan

というように、
ストレスレベルが下がるコトが
科学的に証明されているんです。

自然を日常生活に取り込むコツ

デジタルで見る・聴く

自然がいいのは分かったけど、
近くに自然がない・・

そんな場合はデジタルを活用しましょう。

風景や自然の音を
見たり聞いたりするだけで効果が!

YouTubeで見れちゃうので
フル活用しましょう!

公園に行く

家の近所に公園はありますか?

小さな公園でも大丈夫。

10分いるだけで違いますよ。

『なんだか気分が良くない』

『ストレスが溜まっている』

という方は公園のベンチに座っているだけでも
効果ありです。

観葉植物を活用

観葉植物を部屋に置くだけで
アレルギーの原因になるような
有害物質を吸収してくれる効果があります。

カビ・バクテリアの繁殖も防いでくれます。

家の中に緑があるだけで
癒されますね。

日々のストレスには自然を活用しよう

人間は古代から
1日中自然に囲まれ生活してきました。

ですが今ではデジタル社会で
自然に触れる機会が少なすぎます。

だからこそ自然を積極的に取り入れていきましょう。

ストレスと戦っていくには必須です。

今回参考にさせてもらった本はこちら↓

体調を常に最高に保てる本です。

必ずあなたの役にたちますよ。